市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 市民のページ >2006/6/23

打ちのめされてこそ、明日がある。

 目を擦りながらテレビ観戦したW杯「日本対ブラジル」戦。前半、玉田の“先制ゴール”で勢いに乗るかと期待したのも束の間、追いつかれ終わって見れば、「4-1」の大敗。王者ブラジルの「力」をまざまざと見せつけられた試合だった。後半戦残り10分にはロナウドの2本目のゴールが決まると主力選手ロナウジーニョ、カカの交代どころか、ゴールキーパーまでもが、余裕の交代。すでにブラジルは勝利濃厚のパス回しに転じ始めると試合終了のホイッスル。日本“決勝進出”の夢は、“王者ブラジル”に痛いほど打ちのめされた。
  日本にとって世界の壁は、とてつもなく高く、険しいものなのだと感じた試合だった。ブラジルは主力選手5人がベンチに控えても、総力戦の日本からあっさりとゴールを決められる選手層の厚さに脱帽する。3試合とも日本の課題は、“パスとシュート”であり、その悪さが試合を分けたとも言える。(写真=ピッチで立ち上がれない中田選手を捉えた映像・NHKテレビから)

 ブラジルの勝利は、まさに個人技の「正確さとスピード」、「サッカーを楽しむ余裕」にあった。日本選手はイタリア戦もクロアチア戦もサッカーを楽しむことより、勝つという重荷を背負った戦い方ではなかったのか。サッカーのレベルは発展途上である日本、世界のトップレベルへ追いつくには後10年の歴史が必要だ。個人技のレベルアップと選手間の連係プレー、何よりも身体に吸い付くようなボールさばきと強烈なミドルシュートが決まれば申し分ない。
 試合後、ブラジルから今大会初のゴールを決めた玉田選手は、「あのゴールがブラジルに火をつけてしまった」とコメントすれば、中村選手は声にならない敗戦の弁。この大会が最後かと言われた中田(英)選手が、悔しさからピッチに倒れて立ち上がれない姿をカメラが追い続けた。このシーンこそが、日本選手、そしてサポーターの偽らざる心境である。日本のワールドカップへの挑戦は終わった。日本選手達は世界へ羽ばたき、技を磨き、4年後の南アフリカ大会で、また我々の目を楽しませて欲しい。ガンバレ日本!(06.6.23)



Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。