市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >市民のページ >2005/6/20

自然の“風景”壊さない川づくりを!

自然の風景を壊さない川づくりを(一級河川「松川」上流付近)
Medianetplan
 “川のある風景こそが私の人生”と欲張っても誰にも迷惑などかけない。真っ直ぐに続く堤防を西に向かってひたすら歩く。川の音、小鳥のさえずりが早朝を奏でる。何処からともなく草木の香りを運んでくれる風・・。山と川のある風景が私のふる里。街がどう変わろうと、人の心がどう変わっても、ふる里は有難い。
 そんな詩人の思いで毎朝、ウォーキングを楽しむが、私が住む福島市郊外を流れる一級河川「松川」が大きく変わろうとしています。国土交通省の福島河川国道事務所が、自然を生かした川づくりを目ざしている。荒れ放題だった上流の高速道路高架橋付近には使い捨ての電気製品や自転車、タイヤなどが不法投棄されたり、流木やペットボトルがゴミのように散乱したりで、とても気持ちよく歩ける場所ではなかった。それが至るところで床固工事が始まってから見違えるようにきれいになっていく。国土交通省は河川を親水公園にする整備を進めていることは市民のひとりとして、とって嬉しい限りである。

[1][2]


Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。