HOME > 家づくり研究部会


家は、家族の健康と生命を守り、家族の人生を豊かにし、そして、家族のきずなを育むための棲家です。自然素材を用いて、心を込めてつくりましょう
住宅ローンは、満期になれば(万一の場合も)、住宅が残るという建て主のための高額な生命保険と考えましょう。
孫子の代までの家となるかどうかは、地盤調査とメンテナンスそして、住み良いかどうかで決まります
私達との勉強会にはご夫婦揃ってご参加下さい。そして、家づくりは勉強会を終えてからにしませんか?
研究部会関連トピックス
家づくりを、私達と一緒に勉強しましょう。ご夫婦でどうぞ!
部会長 大村一夫
私は70歳を越えた地質家です。国立大学で12年間教鞭を取り、35歳で民間に転じて15年間、国家プロジェクトや原子力発電所立地に係わる地質調査に携わってきました。50歳で福島に地質調査会社を興し20年になろうとしています。
 この間、自分が住む住宅を得るため、戸建て住宅の新築と売却を各2回、新築マンションの購入と売却を各1回、中古戸建て住宅の購入を2回・売却を1回、借家住まい8回を経験しています。
 現在は20年前に購入した中古住宅(現在では築41年)に住んでおりますが、平成19年の福島市の耐震診断によって、購入時に行った増改築は、耐震性を向上していないことが分かり、危険と判断されました。

 この研究会では、上記の経験と反省に立つ大村、業界事情に精通している富田正廣、戸建住宅の建設を長年請け負ってきた三浦藤夫、建築物の構造計算が専門であり、耐震診断を受ければ満点という戸建住宅を建てて、そこに住んでいる菅原良彦の4人がそれぞれの立場から、戸建住宅取得で失敗しない方法を一緒に考え、アドバイスすることを目的としています。準備が整ったらセミナーを開く予定です。どうぞ、ご夫婦でお出かけ下さい。
きっと解決の糸口が見つかります

事務局長 富田正廣
「皆さんこんにちわ!  NPO豊かなふる里を築く研究会の事務局長の富田正廣です」で始まる福島市の「FMポコ」日曜日お昼の番組「家づくりは土台から」でお耳にかかっています。2010年10月からスタートしましたこの番組もいろいろな角度から「ホンモノの家づくり」に迫っています。皆さんも家を造ることに大きな関心を抱いているわりには、“誰に、どのような相談をするか”が分からないというが本音ではないでしょうか。
 
 私も3度ほど増改築を重ねましたが、いつも設計士さんや大工さんに「お任せ」で、出来上がりに満足とはいきませんでした。すべてが「満足度」ということはありませんが、皆さんには「自分の家を建てた」という満足感を味わっていただけるように、当研究会メンバーである大村会長、菅原専務、三浦常務と「本音」で語り合って見ませんか?
これまでの4年間を私たちはスクラムを組んで“ホンモノの家づくり”を追求してきました。これからは皆さんと一緒になって学んでいきましょう。

■私はこんな仕事をしています
http://www.medianetplan.com/


事務所/福島県福島市北中央3丁目9-2(株式会社 大和地質研究所ビル内)
TEL 024-528-5735 FAX 024-528-5733
E-mail:

  大和地質研究所 三浦工匠店 造建築事務所 メディアネットプラン
このサイトの運営管理はメディアネットプランで行っております。