Home >神様は「生き方を変えよ」と論している
会員専用はこちら

神様は「生き方を変えよ」と論している

慶徳綜合経営センター株式会社
代表取締役 慶徳孝一

 

 この度の東日本大震災により被害を受けられた皆様、また、被災地に所縁の深いご関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早く復旧されますよう心からお祈り申し上げます。
 
 大地震、大津波、放射能流出、そして風評被害がそれに輪を掛け、わが福島県は「FUKUSHIMA」として、今では世界で最も有名な日本の地名になってしまいました。もともと日本の原風景を色濃く残し、「移り住みたい地域」として国内では常にトップの座を占めていた福島県が、原発問題の勃発で“最悪の地域”の烙印を押されようとしております。

 これまで宮城県下では、中学校の研修旅行と言えば「会津若松市周辺」がほとんどでした。それが軒並みキャンセルになったといいます。困惑する会津若松の観光地の報道を見て、風評被害の恐ろしさを思い知らされました。原発を中心に円を描けば、その円周上の等距離に「仙台」「会津若松」「水戸」が並ぶことに気づく人はいないのでしょうか。
 
 昨年収穫した福島県産の米や、清酒までが県外の業者から返品される事態も、福島県で生活する者にとってショックな出来事でした。しかしながら、卸売業者や小売店の異常な対応に対して、消費者は極めて冷静であることが何より救いとなりました。東京都内での福島県産品の直売コーナーが大盛況となり、東北地方の清酒や食材を前面に出した「被災地復興応援セット」を居酒屋の出現なども、私たちを元気付けてくれました。
 
 原発は、これまで地元住民に大きな富を与えてくれました。しかし、その代償の大きさは測り知れません。原発に「安全」「安価」を求めても無駄であることは明らかになりました。今回の事象が「神様が与えた試辣」なのだとすれば、神様は私たちに「生き方を変えよ」と論しているのだと思います。(11.5.28)
 
■慶徳綜合経営センター株式会社
http://www.e-adviser.jp/keitoku/
■税理士 慶徳孝一の税と経営
http://www.medianetplan.com/keitoku/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。