Home >三春町北成田地区の約15町歩に羊9頭を飼育! 会員専用はこちら

三春町北成田地区の約15町歩に羊9頭を飼育!
郡山市の(株)トーカンが三春町と提携し畜産部門に進出

 公共投資が減る建設産業から経営の安定化に向け、多角経営に乗り出す郡山市の株式会社トーカン(有馬一郎社長)は、只見町との提携で始まった農業分野第1号のワサビ栽培、遊休地や耕作放棄地を三春町と借入れ協定書を結んで昨年から始まったイチジク栽培とも、町との連携で順調に成果をあげている。
 今年から始まった三春町での農場経営も羊9頭が順調に育ち、冬を迎える前に飼育後始めて一般に公開した。




 飼育牧場(=写真)は、三春町北成田地区の約15町歩(1町は9917平方メートル)を借り入れて始まり、現在9頭の羊が元気に育っている。牧場の責任者である赤沼孝博さん(トーカンファーム・畜産担当)は「これまでレストランで調理の仕事をした経験と食材を自ら育てる経験が、消費者のニーズに応えられる生産者になることが目標」とこの一年間、牧場で羊の飼育にあたってきた。また、「耕作放棄地や遊休地の活用の足がかり、そして地元農家とのタイアップで羊の飼育や草刈り等の仕事を委託しながら事業の拡大をめざすのが当社の目標です」と話す。

 同社は三春町との連携をさらに強め、三春町が経営する三春ダム湖にある田園生活館の一角に「ジンギスカン焼肉店」「マトンの直売店」「加工工場」などをオープンさせる計画。現在9頭を飼育する牧場には、5年後には100頭に増やす計画で進められる。有馬社長は「町や農家が当社の遊休地や耕作放棄地の活用によって活性化すればうれしい。これからも町や地権者と協力関係を強化して町の発展に努めたい」と話す。(写真下=羊を飼育する赤沼さん)

■トーカンホームページ
http://www.tokans21.co.jp/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。