市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 企業目的は法令遵守内の利潤追求である
企業目的は法令遵守内の利潤追求である、福島で元東京地検検事の郷原氏が講演
 前知事逮捕で、日本一厳しい入札制度改革を強いられた福島県。その波紋で県内の建設業者は事の成り行きを右往左往して見守るという戦術しかない。県を中心に4月からダメダメづくしの入札制度が始まり、発注者側と受注者側の間にはこれまでにない深い「溝」が生まれた。県庁に建設業者の顔はほとんど見かけなくなったし、県職員も保身からあれやこれやの防衛“柵”を張り、部内から建設業者、議員、秘書など利害関係者を締め出す作戦に転じた。この官製談合で悪いのはこうした“輩”であり、県庁マンではないと言わんばかりだ。それなのに、天下りの自粛要請にも係わらず、お役所から利益になる人材を頂くといういつまでも懲りない建設業関連団体は多く、年度末には、「昨日は県職員、今日は関連団体の事務局長」なんていう人も沢山いる。どんなに県側からいじめられても、関係部署からの天下りを欲しがる業界の体質にも首を傾げたくなる。天下りする側も、今まで在籍した関係部署との営業活動はないとの判断からだろう。もっとも、職業の選択は自由だが3000万円以上の退職金を手にしても、年金までは働きたいという「仕事欲」より「金欲」が先行しているOBは数多い。純真に「今度は建設業界のためにやるか!」という輩はどれだけいるか、直に会って“心得”なるものを聞きたい。
複雑な構造から目を背けるな!問題を単純化させるな!

 話しは変わるが16日、福島県建設業協会が元東京地検検事で、現在は桐蔭横浜大学教授やコンプライアンス研究センター長を務める郷原信郎氏(=写真上)を招いて、「コンプライアンスに関する講演会」(=写真下)を福島市で開いた。会場には会員の他、福島商工会議所建設部会などからも多数参加し、まさに“旬”のテーマであった。郷原氏は、昨年11月にNHKの特集番組「 相次ぐ知事逮捕、どう断つ官製談合!」に元宮城県知事の浅野史朗氏と共に出演した。
 その郷原氏が、「社会環境の急激な変化に合わせ、組織をめぐる事件や事故への対応は、その場しのぎのものでしかない。談合問題も単に、改革に賛成か反対かを論ずるだけで複雑な構造から目を背け、問題を単純化させ実態を遠ざけてしまっている。そのことが官庁も企業も激変する環境の中で漂流している状態なのだ」と指摘する。建設業者が「これから先、業界がどうなっていくのかさっぱり分からない」という言葉をまさに代弁している。さらに、「日本の談合は、カビ型の違法行為で組織の利益、組織の意向で行われていることが問題で、こうした『カビ型談合システム』が業界に蔓延していることを改めたシステムに変えていく努力こそが必要。発注者側も虫を殺虫剤で殺していくような改革では、本当の改革にはならない」と主張する。また、談合の根本的な問題はどこにあるかを把握していないマスコミに対する対策についても言及した。「現場記者はある程度理解しても、デスクや部長になるとまるで分からない。その中でもNHKは和歌山県の談合問題では良い取材をしたと思う。マスコミに、“問題はここだ”ということをはっきり理解させる必要性がある。そうでないときは声を上げて主張すべきだ」とマスコミ報道への業界の対応にも及んだ。「企業の目的は法令に違反しない範囲で利潤を追求すること。自由競争と法令遵守の組み合わせで、談合問題は解決する」と結んだ。最後に会場から質問を受けた郷原氏は、協会側の受注調整の意図があるような質問に対して、「そうした曖昧な話し(システム)をする体質こそなくすべきだ」とクギを刺した。

 郷原氏の講演の詳細については資料を参考にして頂くとして、戦後60年間続いてきた「談合」が必要悪として、国もある程度は黙認をしてきたことは事実だ。その談合に役人も荷担し、そして互いに甘い汁を吸ってきた。環境による変化で、社会からは厳しく「談合は犯罪」として戒められている。この入札改革が進む中で、業者がある程度淘汰されるのは仕方がないとして、役人が建設業者をダメダメづくしで縛り上げても、日本の国家は良くならない。役人は自らの保身術だけを突きつけるのではなく、建設業者にとっても良い方策を見出すべきである。双方の歩み寄りで談合を解決に導かなければ、この国から福島県から、質の良い公共物は残せない。そればかりか、先が見えないこんな業界では、安心して就職して来る若者が居なくる。優秀な技術者が育たなければ、いずれ建設業界は崩壊する。(07.5.17)、(5.19加筆・訂正)

参考資料(和歌山県公共調達検討委員会報告書)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011700/kohyo/gaiyou.pdf
参考資料(談合構造解消対策研究会報告書)
http://www.cc.toin.ac.jp/crc/news/20060427_report-bidrigging.pdf
建設メディア関連記事(相次ぐ知事逮捕、どう断つ官製談合
講演資料・その他の資料(会員制)



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。