市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 波動を測定して、健康チエック!
波動を測定して、健康チエック!、須賀川のエンド・ターザンで健康講演会
  須賀川市の土田建築設計事務所の関連会社である有限会社 &・ターザン(須賀川市西の内町74)は、建築を通して環境と健康の分野にも取り組み、これまで“天然の炭素セラミック”や“音楽療法”など、市民に向けて発信してきた。19日、郡山市栄町にあるあさかの会館(三菱電機敷地内)2階研修室で開いた『健康法講演会 及び波動測定会』には、郡山、須賀川市内から病気にかからないで健康に暮らしたいと願う主婦など30人近い人々が参加した。講師に元JOC日本オリンピック委員会武術太極拳健康講師を務めた川原茂(NPO 日本臨床代替医学会会員)を迎えて、人体のしくみと病気について学んだ。(写真=主催者を代表して挨拶する飛木さん)

 川原氏は、「臓器や器官がバランスをよく取れていることで、人間は健康に生きていける。それぞれの働きや役目を正しく動きを果たしていることが健康には大切なこと。
それらを動かしているのが“波動”であることは、すでにアメリカの解剖学者によって発見され証明されている。病気はそのエネルギー(波動)の低下や乱れ、狂いから生じてくる。健康で病気をしないためには、血液をきれいにしておくこと。人体の仕組みは、脳と神経の係わりであって、これらが損なわれると健康が危ない。日ごろの食べ物に注意して、気と心を充実させることが健康の秘訣である」などと語った。講演の後、参加者は、実際にエネルギー(波動)を測定して自分の健康の度合いをチエックして、川原氏やトレーナーからアドバイスを得ながら健康チエックを行った。

 主催したエンド・ターザンの飛木香奈さんは、「建築という分野を通して、地球環境問題や健康問題は避けられないと感じている。少しでも市民の皆さんのお手伝いができれば有り難いと思っています」と話していた。2部では「21世紀、格差社会におけるビジネス展開について」と題する講演も行われた。なお、生体微弱エネルギー測定などの問い合せは、エンド・ターザンまで。電話0248-76-6082か FAX0248-76-6083。(07.4.20)  



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。