市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 県北 > 大手コンビニの環境改善にリフレクティックス
大手コンビニの環境改善にリフレクティックス、佐武(本宮市)で遮熱材の合宿訓練

 米国の宇宙産業から生まれた遮熱材「リフレクティックス」を本宮市から全国の工務店に普及拡大を図る佐武(佐藤武四社長)が毎月行っている「合宿訓練」と名付けられたリフレクティックス認定施工店の講習会は、13日・14日の2日間、同社セミナールームと岳温泉・ホテル陽日の郷 あづま館で行われた。今回の合宿訓練には、神奈川県横浜市、大阪府堺市、長野県飯田市、富山県高岡市、同砺波市、同南砺波市、千葉県千葉市、栃木県さくら市、大分県大分市、岐阜県郡上市、東京都荒川区、福井県福井市から約20名の工務店を始めとする設備業、瓦業などの代表がそれぞれの認定工務店をめざす合宿訓練に参加した。


全国からリフレクティックスを体験


 大阪から来た建設会社の代表は、「これまでは断熱材だったが、初めて遮熱材に取り組むので、楽しみにして来た」、長野の建材店は「断熱材を販売してきたが、これからは遮熱材を取り扱いたいので勉強に来た」、富山で建築業を営む参加者は、「遮熱材のことはまったく分からないので勉強に来た」、同じ電気業を営む参加者も「遮熱について学ぶ時期に来たと思い参加した」、「会社では環境事業部門に所属するが、遮熱の時代ということで社命できた」という参加者もいた。千葉から社長、常務、営業課長の3人が参加した瓦業を営む代表は「住宅の寿命は30年と言われているが、さらに長寿化をめざすためにも屋根材や壁材を研究している。遮熱材をぜひ学びたく千葉から車を飛ばして来た」という会社もあった。さらに、岐阜から参加した住宅会社の代表は、「お客様からリフレクティックスについての質問が多くなったのを機会に勉強したい」、東京の環境メンテナンス会社の代表は「環境にやさしい断熱材があるということで参加した。ぜひ、ビジネスチャンスに生かしたい」、また、大分から飛行機と新幹線を乗り継いでやって来た建設会社の代表も「断熱材からこれからは遮熱の時代と言われているので大いに学んでいきたい」とそれぞれの自己紹介でリフレクティックスへの思いを語った。

NEXST⇒全国各地でホームアドバイザーをめざせ!





Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。