市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 安全と安心 > 県南 > 「住宅業界のウソ・ホント」と題し講演
 超薄型高断熱材「リフレクティックス」の施工代理店などで結成するリフレクトホーム福島(伊藤清春会長・立川建設社長)の住環境改善セミナーが9日、須賀川市のホテル虎屋で開かれ会員や市民などが参加した。  まず、同会員である山野辺龍介さん(龍建築設計事務所・須賀川市)があいさつしたあと、リフレクティックスの総輸入元(株)佐武の代表であり、有限責任中間法人環境マテリアル推進協議会の理事長である佐藤武四さんが、「住宅業界のウソ・ホント」と題し講演をおこなった。

 佐藤さんは講演の中で、「“安心住宅”、“健康住宅”などといった言葉がパンフレットやコマーシャルなどで簡単に使われているが、これからは国の方針で規制がかかるが、ますますそうしたホンモノの住宅が求められるようになり、いい加減な施工では生きられない時代だ、特に最近では高圧電線による電磁波障害やケータイの中継地などの下に住宅を建築した人たちからの相談が多くなっている。皆、同じ症状に冒されていることに国の対策は遅れている。そうした相談や対策にも取り組んでいきたい」と語ったほか、「山口県の施工代理店である工務店では、リフレクティックスを使った現場が月3棟から4棟あり売上げもこれまでの3倍に達するなど、全国で現在3000棟に達した。大阪や京都、名古屋ではコンビニエンスをエコ店舗として認定した取り組みも始まっている。既にアメリカではリフレクティックスを「米国環境庁エネルギースター計画(省エネ)認定品としたほか、日本でも国土交通省が不燃認定品とした。これからますます、遮熱材として採用される機会が多くなってくる」などの近況や有限責任中間法人環境マテリアル推進協議会が近く社団法人化することも報告された。(06.12.13)

環境マテリアル推進協議会
http://www.kankyo-material.or.jp/
リフレクティックス
http://www.fsatake.co.jp/reflectix1.html



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。