市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 公共事業 > 県南

郡山市契約課の6月分落札額は約20億円


〜公共下水道関連工事に半数の12億円投入〜
 郡山市契約課が発表した6月全発注分130件の落札総額は約20億5300万円で、その落札率は95.59%となった。そのうち落札額が多い上位10件では、7件が公共下水道関連工事、2件が西田ふれあいセンターの設備関連、1件が道路改良工事となった。総額は約5億円で全体の4分の1を占めた。最も落札金が多かったのは、6月29日に市川建設が落札した公共下水道築造工事(第124工区荻ノ久保二本木線外1路線)で8505万円。予定価格は8872万5000 円で、その落札率は95.85%だった。次いで6月27日に柳沼建設が落札した道路改良工事(高倉大善寺線)で、落札額は6489万円。予定価格は6772万5000円でその落札率は95.86%だった。
落札上位ベスト10

||| 総額の60%を公共下水道関連に投入 |||
 また、最も件数が多かったのは公共下水道関連工事の44件。1日と29日に集中して入札が執行された。落札総額は約12億円、件数で全体の33.84%、総額で約60%を占めた。落札率は95.07%となった。
公共下水道築造工事関連



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。