市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >News!

18年度に多田野小で大規模改造工事

耐震診断調査が進められている郡山市立芳山小学校
耐震診断調査が進められている郡山市立芳山小学校
 郡山市は、老朽化の進んでいる多田野小学校の校舎について、18年度に大規模改造事業を実施する。工事は18〜19年度の2ヵ年継続事業として進める計画。また、多田野小学校より以前に建設された橘小学校と芳山小学校の校舎についても、大規模改造事業の必要性を探るため、現在、耐震診断設計を設計コンサルタントに委託して進めている。

 昭和46〜56年に建設された多田野小学校の現在の校舎は、16年度に行った耐震診断調査の結果、大規模改造が必要と判断された。大規模改造によって耐震補強工事を施すほか、合わせて電気、給排水設備の改修や内外装の改装工事を実施する。
 17年度は補強設計・実施設計を宮古建築設計事務所に委託して進めている。工事は18年度から進める計画で、18〜19年度の2ヵ年継続事業となる。
 現在の校舎の規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ3,125平方m。小学校の所在地は、郡山市逢瀬町多田野南大堺1番地。

橘小と芳山小でも耐震診断調査

 また、郡山市では、同じく老朽化が進んでいる橘小学校と芳山小学校についても、大規模改造事業の必要性を調査するため、それぞれ耐震診断設計を進めている。同調査の結果、大規模改造が必要と認められた場合、18年度にも補強設計・実施設計に着手することになる。
 橘小学校は、昭和33〜38年に建設された。建物規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ5,821平方m。耐震診断設計はエーユーエム構造設計に委託して進めている。橘小学校の所在地は、郡山市堤下町地内。
 一方、芳山小学校は、昭和37年に建設された。建物規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ4,369平方m。耐震診断設計はサンミックス・システム堀井勝典研究所に委託して進めている。芳山小学校の所在地は、郡山市長者2丁目地内。(05.12.15) 


Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。