市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >News!

大島小など3校増築・18年度当初に工事費

 郡山市は、大島小学校、朝日が丘小学校、緑ヶ丘第一小学校の3小学校について、校舎増築事業を計画しており、現在、それぞれの実施設計を外部に委託して進めている。3校とも18年度当初予算に工事費を要求する方針。

 3校の増築は児童生徒の増加、少人数学級の実施などにより、普通教室などが不足するため実施するもの。このうち、大島小学校では、普通教室や多目的教室などを内容とする鉄筋コンクリート造3階建て延べ1,004平方mの校舎増築が計画されている。現在、実施設計を阿部直人建築研究所、地質調査を日本地盤コンサルタントにそれぞれ委託して進めている。大島小学校の所在地は郡山市並木4丁目10番。
 また、朝日が丘小学校では、普通教室や視聴覚室などを内容とする鉄筋コンクリート造819平方mの増築工事を実施する。既存の平屋建て校舎に2階部分を増築する。実施設計は秀和建築設計事務所が担当している。朝日が丘小学校の所在地は、郡山市大槻町前林16。
 さらに、緑ヶ丘小学校では、普通教室、視聴覚室などを内容とする鉄筋コンクリート造3階建て延べ1,299平方mの増築工事が計画されている。増築場所は既存校舎の西側部分で、実施設計を佐久間建築設計事務所、地質調査を北日本ボーリングにそれぞれ委託して進めている。緑ヶ丘小学校の所在地は郡山市緑ヶ丘東1丁目。

 市教育委員会では、3校とも18年度当初予算に工事費を要求する方針でいるが、市の財政状況が厳しい上、18年度には19年4月の開校に向けて明健中学校の校舎や屋内運動場の施設整備を実施するため、3小学校増築に関する工事費がすべて認められるかは微妙な状況となっている。工事費が計上された場合、いずれの増築工事も単年度で完成させる計画。

桜小学校では体育館建替えを計画

 一方、郡山市では、老朽化が進んでいる屋内運動場の建替事業として、18年度は桜小学校の屋内運動場を予定している。
 昭和40年に建設された現施設(鉄骨造2階建て延べ855平方m)を解体撤去後、同敷地に鉄筋コンクリート造2階建て延べ1,258平方mの屋内運動場を建設する。現在、実施設計を共立建築設計事務所、地質調査を新和調査設計にそれぞれ委託して進めている。
 工事費が18年度当初予算に計上された場合、5〜6月ごろには既存施設の解体工事を実施し、本体工事には小学校が夏休みとなる7〜8月ごろから着手、18年度末には完成させる計画となっている。
 桜小学校の所在地は郡山市字山崎5番地。(05.11.22)


Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。