市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >News!

大安場史跡公園は18年度に古墳西側を整備

 郡山市は(仮称)大安場史跡公園整備事業について、18年度はガイダンス施設を含む古墳西側部分3.1haの公園築造工事に着手するとともに、古墳部分を盛土によって復元・保護する工事を進める方針でいる。現在進めている古墳東側部分の整備工事と合わせ、20年度末までに工事を完了させる計画で、21年度の開園を予定している。

 郡山市田村町大善寺地内に位置する大安場古墳は、4世紀後半に造られた前方後方墳1基と5世紀後半に造られた円墳4基からなっており、特に前方後方墳は全長約83mと東北地方では最大規模であることなどから、12年度に国指定史跡、14年度には県重要文化財として登録された。このため、郡山市では、「市民が郷土への理解を深めながら憩う場」として、大安場古墳を核とした史跡公園を整備することとし、17年度から本格的な公園築造工事に着手した。

 公園の全体面積は約6.5haで、約2.3haの大安場古墳を中心として、東側部分約1.1haを遊具や休憩施設を配した主に「遊びのゾーン」とする一方、古墳西側3.1haは大安場古墳に関するガイダンス施設を配するなど主に古墳に関する「学習・保護のゾーン」として整備する方針を打ち出している。
 このうち、17年度は古墳東側の整備工事を進めており、「園路広場工」や「修景・休養施設工」、「児童・健常者ゾーン」、「幼児・身障者ゾーン」、「高齢者・健康増進ゾーン」など数工区に分けて公園築造工事を実施している。

西側のガイダンス施設は設計中

 18年度からは古墳西側部分の整備工事に着手する方針でいる。東側では来園者向けの古墳の案内や体験学習の場となるガイダンス施設を整備するほか、休憩所やトイレ、120台分の駐車場、園路整備などが予定されている。このうち、ガイダンス施設については現在、設計をハヤタ設計に委託して進めており、建物規模などは同設計の中で詰めていくとしている。  また、公園の核となる大安場古墳については、盛土をすることによって本来の前方後方墳としての形状を復元・保護する方針でいる。盛土による復元・保護整備は18年度から実施する予定でおり、現在は同整備へ向けて、古墳の南側を走る市道と古墳を結ぶ工事用の仮設道路・仮設橋の設置工事を進めている。(05.11.20)


Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。