市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >News! [1][2]

【小倉寺・大森線】年度内にJR線交差部の詳細設計へ

小倉寺・大森線が交差することになる東北新幹線高架橋(松下電器福島工場南東部)
Medianetplan

 都市計画道路・小倉寺・大森線整備事業について、福島県とJR東日本は、東北本線・東北新幹線との交差部分に関する構造や施工方法などを検討するため、詳細設計を17年度中に着手する。現在のところ、同道路を東北本線地下でアンダーパスさせ、東北新幹線交差部は、高架橋下を地上でパスするか、または掘割構造とする計画でいる。
 小倉寺・大森線は、県の街路事業として12年度から事業着手した。同じく県が小倉寺・大森線の西側で道路事業として整備を計画している南福島停車場線と、東側で福島市が進めている街路事業(市道南町浅川線〜国道4号線、延長660m)と一体的に整備することで、完成後は国道13号・福島西道路の南伸部の受け皿道路として、福島市内の交通渋滞の緩和を担うための役割が期待されている。

[1][2]


Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。