INDEX ≫ 1page

松川地区へ屋内ゲートボール場
〜福島市〜〜

  福島市は、高齢者の生きがい対策の推進の一環として、福島市松川町の旧松川小学校跡地に屋内ゲートボール場を建設する計画でいる。

  整備規模は鉄骨造平屋建て530平方m程度を想定しているが、建設コストの抑制という観点から、鉄骨の支柱を防火シートで覆う簡易シートハウスによる整備を計画している。

  5−6月には設計を開始し、年度内に工事に着手、18年2月ごろまでには完成させたいとしている。

  施設内容は、ゲートボール場(15m×20m)1面のほか、ゲートボール以外の地域のイベント会場として使用できるような施設づくりを考えている。

  17年度当初予算には事業費として3,800万円が計上されている。

  福島市には現在、平成3年度に整備された屋内ゲートボール場がヘルシーランド(福島市岡部字川原地内)に既存している。福島市では、屋内ゲートボール場を市内の東西南北に整備していく計画で、今回の松川地区への整備は岡部地区に続く2ヶ所目の整備となる。

  今後の市内北地区と西地区への整備については、施設の利用状況などを見ながら弾力的に進めていくとしている。


吉井田地区には市民農園

  福島市は、17年度からの新規事業として、吉井田地区で市民農園整備促進事業に着手する。市が農家から1ha程の農地を借り受け、100区画程度(1区画当たり5×6m程度)に分譲して5年間の期間で市民にまた貸しする。18年4月の開園を計画している。

  市では現在、複数の土地所有者と賃貸交渉を進めており、交渉がまとまり次第、区画割りのための造成工事などを進める。

  また、関連施設として駐車場のほか、休憩室や講習会、トイレ、倉庫、管理室などが入る交流施設建物の整備を予定している。建物の完成は開園時期よりずれ込むことを想定しており、17年度は施設内容などを検討するための調査を実施する。

17年度当初予算案には事業費1億0,023万円が計上されている。(05/3/28)

INDEX ≫ 1page