地震に対する市民の期待高まる!
福島民友に継いで福島民報も紹介


 今週日曜日の27日、当社と三浦工匠店共催で開かれる『直下型地震対策セミナー』の開催案内が福島民友新聞(2月16日付)で紹介されたのに続いて、22日には福島民報でも紹介された。すでに定員50名を突破したが、市民からの問い合わせが三浦工匠店に相次いでいる。阪神大震災から10年目、さらに宮城県沖地震や新潟県中越地震と大型地震が相次いだだけに、当日の講師を務める大村一夫氏は活断層が走る福島西縁断帯については、その活断層からどの程度離れれば安全は確保されるかなど、確信に触れる解説が期待できる。
 また日本FP協会・JAIFA福島県協会に所属するファイナンシャルプランナーの高橋亮氏らが、「生命保険の見直しで住宅ローンの軽減をはかる方法」、「地震から財産を守るための保険」などについての解説も行う。三浦社長は「顧客を如何に地震から守るかが、施工者としての責任。地震の怖さを知り、財産を守る今回のセミナーで少しでも役割が果たせればうれしい」と話す。(05.2.23)


■申し込み等の詳しいことは下記のアドレスへ
http://www.medianetplan.com/0501/011.htm