講演会

あきらめず、やればできる精神を!
〜郡山市・福島シービー〜
プロジェクトXの塩田氏迎え講演会

「地球の陸地の約30%以上を占める砂漠地帯。気候の変化や森林の過剰伐採、さらに家畜の過放牧等によって毎年、四国と九州を合わせたほどが砂漠化していく」と語るNPO法人「福島県緑の協力隊」の塩田修二さん(福島市出身=52)を迎えて開かれた(株)福島シービー(郡山市三穂田町、兼子徳嗣社長)の新春講演会が2月5日、郡山ビューホテルアネックスで開かれた。
 同講演会は同社の株主社員、従業員をはじめ来賓を招いて開かれるもので、地球環境や高齢者にやさしい舗装材を市場に提供する同社では、さらに地球環境問題に積極的に取り組もうと企画した。「砂漠を緑に取り戻そう」と題する講演の中で塩田氏は「あきらめず、やればできるという精神で何事にも対処することが大事」と訴えた。同氏は砂漠化する地球を植樹で取り戻す活動を続け、平成13年には中国湖北省武漢市の長江流域洪水防止のための植樹に着手し、そこに福島県友好記念の森」造成3ヶ年計画をスタートさせるなど砂漠緑化に取り組んでいる。平成14年10月に放映されたNHKテレビ「プロジェクトX」挑戦者たち『運命のゴビ砂漠』に出演し話題となった。

悠久の大地を緑に!
http://newvoice.lucky-bits.com/iine/back/2002-8-8/8-8.html
■福島シービー
http://www.f-cb.co.jp/