去る2000年度に大玉村において地域新エネルギービジョンが策定された。1999年度には三春町で、また1996年度には須賀川市で同エネルギービジョンが策定されている。須賀川市においてはこのビジョンを踏まえて2001年、うつくしま未来博覧会の開催につながっている。さらに三春町では2002年度に向けて、三春の里に教育啓蒙のための新エネルギー利用施設を建設する。 2001年度には天栄村において同エネルギービジョンが策定された。天栄村では750kWの風力発電機を1999年に既に設置され、稼動している実績を持っている。したがって、同村の新エネ策定目標は太陽光および豊かな水源からの小水力利用に向けられている。

近隣市町村の新エネルギービジョン策定
1 三春町の新エネルギービジョン策定(1999年度)
三春町の大きな特徴は、すでに三春ダムにより発電送電されており、その近くの三春の里に教育啓発のための風力、太陽光のハイブリッドシステムを計画された。

「三春の里」の太陽・風力ハイブリッド発電

2大玉村の新エネルギービジョン策定(2000年度)
 大玉村の環境は、村の西方に安達太良山がそびえており、安達太良吹き降ろしの風に恵まれている。また、村の中央を杉田川、百日川、安達太良川、七瀬川の4河川が流れており、七瀬川の上流には農業用疎水の調整のための三森池がある。
 大玉村ビジョンの大きな特徴は、水車を潅水用に利用していましたので、これを小水力発電用に復活する事業計画にあります。
新エネルギービジョン策定委員会
新エネルギー里づくりイメージ図
3 天栄村の新エネルギービジョン策定(2002年度)
新エネルギービジョンイメージ図
第8回風サミット開催(2001年天栄村)
天栄風力発電所(2000年12月発電開始)

4 2002年度の福島県内新エネルギービジョン市町村
福島県大熊町 福島県只見町 福島県北塩原村 福島県天栄村
 福島県では多くの市町村で、新エネルギービジョン策定が検討され、実施段階に移行しています。県内の多くの企業が参画され、21世紀に沿った、福島県の新しい文化生活体系の構築と発展を期待するものであります
■詳しくは新エネルギー利用へアクセス
http://www.mech.ce.nihon-u.ac.jp/~hiroichi/



平成14年2月に策定した本ビジョンに基づき、公共施設への新エネルギー導入や地域産業への導入、災害時の電力確保など新エネルギーの有効活用による地域の活性化を図り、豊かな村民生活の実現、そして豊かな自然環境の保全に結び付けていきたいと考えています。
■詳しくはこちらへアクセス
http://www.vill.tenei.fukushima.jp/fuuryoku/katsuyou/katsuyou.html